1. Home
  2. センター概要

センター概要

センター概要

高砂市医師会は、在宅医療と在宅介護の連携を支援する拠点として高砂市民病院内に高砂市在宅医療・介護連携支援センターを平成28年5月に設置しました。

運営組織

委 員 会
高砂市医師会在宅医療・介護連携支援センター運営委員会
センター長
高砂市医師会長
職   員
事務長
相談員(看護師)

事務所等

事 務 所
高砂市荒井町紙町33-1 高砂市民病院内 1階
開設時間
9時から17時まで
(年末年始・祝日を除く月曜日から金曜日)
相談時間
10時から16時まで
電話番号
079-441-8286
ファックス
079-441-7712

センターの役割

在宅医療・介護連携支援センターは、高砂市医師会が高砂市から委託を受けた地域包括ケアシステムを構築するための介護保険法の地域支援事業に規定された「在宅医療・介護連携推進事業」を推進するため、地域の医療と介護の関係機関と多職種連携を図り、市民の在宅療養生活を支援します。

連携支援センター事業

厚生労働省ホームページより

地域包括ケアシステム

国の人口予測では、65歳以上の高齢者数は2025年には3,657万人となり、2042年にはピーク(3,878万人)を迎え、また、75歳以上高齢者の全人口に占める割合は増加していき、2055年には25%を超える見込みとしています。

高砂市においては、将来、希望する生活について、「在宅介護サービスを使いながら自宅で暮らし続けたい(62.2%)」が最も多く、次いで「特別養護老人ホームなどの介護施設に入りたい(10.6%)」「高齢者向けに整備された住宅(有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など)に住みたい(8.8%)」の順になっています。

地域の実情に応じて、高齢者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び自立した日常生活の支援が包括的に確保される体制(地域包括ケアシステム)を構築することが求められています。

厚生労働省ホームページより

相談事例

高砂市在宅医療・介護連携支援センターでは、在宅医療・介護において切れ目のない連携が図れるように、在宅療養に携わる医療・介護の専門職、地域包括支援センター等から以下のような事例の相談をお受けします。

在宅医療・介護に携わる専門職の方からのご相談に応じます。